1200ユーロだけではなかった!海外でスキミングされたのか?其の四

限度枠増額申請をキャンセルしました。
これで不正にキャッシングされる心配はなくなりましたが、不正の買い物はわかりません。
私は随時ネットで確認し、ユーロで使用分の明細は長男に送り確認します。
クレジットカードを使うことがなくなった時点でカードを止めてもらい、再発行申請をする予定です。

その流れは長男にも連携します。
限度枠増額申請をキャンセルしたあと、長男からLINEです。
「さっき切符を買うのに暗証番号を入れたら拒否されたんやけど、もうカード使われへんの?仕方ないから窓口でサインして買ったけど」
と。
「いや、カードはまだ止めてない。暗証番号、ロックでもされてるんやろか?カード会社に確認してみるわ」

不正利用したやつがまたお金を引き出そうとして暗証番号を間違えてロックされたのか?と思います。

でまた、契約者登場です。
電話をしてもらいます。
私ではラチあかんのが歯がゆいです。

調べてもらうと暗証番号はロックはされていない。
けど、いついつにいくらクレジットカードを使っていると言われます。
ほぼリアルタイムに使用状況を確認でき、教えてもらいます。
ただし、”契約者限る”です。
その指摘の分は長男がサインをして使ったものなので問題はありません。

暗証番号を盗まれたらあかんと手元を隠すのに必死になって押し間違えたようです。
ていうか、すでに盗まれているし、遅いねん!

それ以外は問題なく過ぎます。
ヨーロッパを発つ日、パリの空港にチェックインしとと連絡を受け、カードを止め再発行申請のくだりに移ります。
こちらも最終段階を迎えます。

そうそう、帰りの飛行機です。
当初の予定はパリ〜バンコク〜関空でした。
台風の後遺症で関空の状況が不安定の中、タイ航空が対策案を発表しました。
折しもこちらは1200ユーロ不正引き出しが発覚した直後です。
長男から「タイ航空、なかなか電話が通じんから、母さんからかけてみてほしい」とヘルプ要請です。
タイ航空受付終了時間は17時。
長男からのヘルプ要請が16時45分。
私は仕事中です。
「母さん、仕事中やし、17時までの15分だけやで」
で、電話殺到中のタイ航空にリダイヤルの連続です。
ワンダイレクションのチケット争奪戦を思い出しました。
あと1分で17時という16時59分に電話が繋がりました。
関空着を名古屋着に変更します。
バンコクでのトランジットが3時間プラスになりましたがこれは許容範囲です。
変更は無料。
日本での移動はお客様負担とのこと、これは仕方ないです。
日本に着く頃にはカードは止まっているので、名古屋からの交通費はカード払いもPiTaPaも使えません。
その分の日本円はあるのか?を確認します。

てんやわんやの大騒ぎで無事に帰国しました。
帰国後、本人とカード会社が電話で状況を確認します。
結局、1200ユーロと2分違いでキャッシングしている20ユーロも不正に引き出されたものと判明したようです。
20ユーロは長男の勘違いだったようです。

カード会社によると、その1200ユーロと20ユーロを引き出したのはパリに本店がある銀行のATMからです。
その不正引き出しは最初、2300ユーロ(日本円で30万円ほど)引き出そうとしたけれど、限度枠オーバーで引き出せず、1200ユーロ引き出し、その2分後に20ユーロを引き出した形跡やそうです。
30分ほどの間に5、6回、ATMを操作し引き出そうとしたようです。
長男の話を聞きあわせて、長男が引き出したものではないということで1200ユーロと20ユーロは請求されないという決着を迎え、この事件は終了しました。

長男は海外旅行等、家族カードで使ったものについては1円違わず返してきます。
不正に引き出されたとわかった時点で
「急がへんし、いつでもいいからあんたが返してくれたらいいねんで」とは言っていました(笑)
しかし、なんとか支払わんでいい手立てはすべきやということで、カード会社のおねさん方にはいろいろお手間を取っていただきました。
いろいろ経験し勉強させてもらいました。

気になるのはどこでスキミングされたか?です。
スキミングし偽造カードを作ってから不正使用。
ネットをググると海外旅行から帰国し、すでに日本にいてるのに、海外で偽造カードによる不正利用をされたという記事もありました。

日本からバンコク経由でパリ。
パリで一泊してからオランダ入りをした長男。
パリでATMを一回利用しています。
そのとき、不審な感じってなかった?と本人に聞いてみます。
パリに着いて気分もハイのころを狙われたとしか思えません。

来月にはまた海外に行くとかで、急遽、私が契約者の家族カードを申請中です。
今回、スキミングされたのはICチップが搭載されていない(交通系は搭載されていないことが多いとか)あかんやつでした。
ICチップ搭載されていないカードはすれ違いざまでもカード情報を盗まれる危険があるようです。
キャッシングについては暗証番号が必須なので、スキミングされない、暗証番号を盗まれないがキモです。

クレジットカード1枚という綱渡りみたいな状況も今後は回避したほうが賢明です。
クレジットカード2枚持ちもまた不安です。
そこで見つけたプリペイドタイプのマネパカード
取り急ぎ、これは本人名義、本人の口座と紐付けで、契約する予定です。
使用感はまた確認したいと思います。

あれやこれややらかしたり、やらかされたりしても、最終、こと無きを得るという運の長男。
今回もその強運を発揮したようです。
おかげで私はいろいろ勉強できて結果オーライ!!